いちじくの旬


食べ物には、すべて”旬”が存在する。特に、果物については、旬の時期に食べたほうが、普通の時期よりかなりおいしく食べられる。旬の時期を知ることで、より食生活が楽しくなる。では、いちじくの旬はいつなのだろうか。ここでは、いちじくの旬について考える。

 

いちじくの旬

いちじくには、収穫時期が3パターンに分けられる。よって、この収穫時期がいちじくにとっての”旬”となる。その3つの収穫時期とは、初夏から夏にかけて収穫できるもの、秋に収穫できるもの、初夏と秋両方に収穫ができるものがある。それぞれ、夏果、秋果、夏秋兼用と呼ばれる。

それでは、いついちじくを食べたら、一番おいしいのか。まず、夏果は6月~7月あたりが一番糖度などが高くなり、一番おいしく食べることができる。秋果は、9月~10月から、あたりが一番おいしく食べられる時期になる。

現在、日本で売られているいちじくは、ほとんどがドーフィンと呼ばれる、夏秋兼用品種なので、7月か9月あたりが一番おいしく食べることができる時期だろう。