いちじくを苗から育てる


いちじくの栽培方法には2種類あります。それは、挿し木で育てる方法と苗から育てる方法です。ここでは、苗から育てる方法について紹介します。

 

いちじくを苗から育てる

苗から育てる方法は比較的簡単で、成長が早い果物なので、3年ほどで収穫までできます。しかし、いちじくは、実をつける時期が暑い時期だったり、葉が大きく水分の蒸発量も大きく、乾燥に弱いので、水分には気をつけなくては、いけません。やはり、水分が少ないと、小さい実しかできなくなってしまいます。

さらに、根が短いので、要求される酸素の量も、多いので、育てる場所は、水はけがよく、うねが高い場所が好まれます。

そのほかには、暑い時期に疫病という病気になってしまう場合があるので注意してください。もしなってしまった場合は、水を媒介として、感染するので、水のあげ方には注意が必要です。

肥料は、あまりあげすぎずに、春先に1回、実をつける夏ごろに2、3回ぐらいあげてください。これらの注意事項さえ守れば、比較的簡単に収穫までできるので、育ててみてはいかがでしょう。