アントシアニンを大量に含むいちじく – アンチエイジングなどに効果がある


いちじくは、紀元前3000年頃から食べられていて、最も歴史のある果物とされ、現在も世界中で食されています。では、なぜ、こんなにも人々の間で食されているのでしょう。その理由としては、栄養をたくさん含んでいて、体にいい食べ物だということが挙げられます。ここでは、いちじくに含まれる栄養素を紹介します。

アントシアニンを大量に含むいちじく   アンチエイジングなどに効果がある

 

  • アントシアニン

いちじくの赤っぽい色の元となる栄養素。抗酸化作用のあるポリフェノールの一種でアンチエイジングなどに効果がある。

 

  • カリウム

筋肉や、神経の働きを正常に保つ働きがある。また、血圧を下げる効果や、動脈硬化の予防にも効果がある。

 

  • フィシン

たんぱく質分解酵素。お肉と一緒に煮込めば、お肉を柔らかくしてくれる作用があり、食後に食べれば、消化の促進や、コレステロールの分解に役立つ。

 

  • 食物繊維

コレステロールの分解や、便秘の改善、整腸作用などがある。

 

このような、たくさんの栄養素を含んだいちじくは特に女性にうれしい、栄養が豊富です。また、生のいちじくを干して、乾燥いちじくにすることで、ビタミンCも増加します。是非、栄養補給として食べてみてください。