内側に白い種のようなものがあります。これがいちじくの花なのです。


いちじくは、漢字では「無花果」と書きますが、別に花がないわけではありません。では、いちじくの花はどんな花なのでしょう。

内側に白い種のようなものがあります。これがいちじくの花なのです。

いちじくを食べたことがある人なら、誰でもいちじくの花を見ています。いちじくは、実の外側に花をつけるのではなく、実の内側に花をつけます。半分に割ったときに、上の写真のように、内側に白い種のようなものがあります。これがいちじくの花なのです。そのため、あの独特の食感が生み出されます。花がないのではなく、花がないように見えるという理由で「無花果」と名前がつけられたようです。このような花のつけ方は、隠頭花序(いんとうかじょ)といい、いちじくのほかに、イヌビワとうい果物もこのような花のつけ方をします。

内側に花があるため、受粉の仕方も変わっていて、自然界で生息しているいちじくは、内側に、イチジクコバチという虫が生息しており、その虫が受粉活動を行っています。しかし、日本で栽培されているいちじくはほとんど、受粉の難しさから、受粉を必要としない、単為結果性品種になっている。