乾燥いちじくの栄養の著しい効果 / ポリフェノール


生で食べても、もちろん栄養価の高いいちじくですが、乾燥させることによってより一層栄養価が高まることを知っているでしょうか。

乾燥いちじくの歴史は古くその栄養価の高さから、古代ギリシャのオリンピック選手やピラミッドの建設に携わった人も食べていたとされています。また旧約聖書にも乾燥いちじくの栄養の著しい効果を物語る記述があり、歴史的にも人類に重要な役割を果たしていたことがわかります。

 

乾燥いちじくの栄養の著しい効果 / ポリフェノール

by yuichi.sakuraba

フィッグとも呼ばれる乾燥いちじくは、食物繊維をはじめ、鉄分、ミネラル、カルシウムなどといった栄養素を多く含んでいて、便秘改善、老化防止、整腸作用といった作用は生のいちじくと同じように効果を得られます。さらに乾燥させることによって、カルシウム、食物繊維が増えます。乾燥イチジクは、カルシウムではすべての果物のなかで含有量が1番高く、食物繊維はプルーンの3倍、ごぼうの2倍ともいわれています。

ポリフェノールを多く含んでいる乾燥いちじくには、成人病の原因となる活性酸素を除去してくれる作用を持っていたり、2、3粒食べることによって1日に必要な鉄分、カルシウムを摂取できる働きも持っています。

乾燥させることによって、見た目は少し硬そうになり、少し食べにくそうな乾燥いちじくですが、お肉とと一緒に食べるとお肉を柔らかくしてくれたり、食べてみると意外と柔らかく、人気があります。