蓬莱柿(ほうらいし)とは


蓬莱柿(ほうらいし)とは

 

蓬莱柿(ほうらいし)とは 

日本の在来種や日本いちじくとも呼ばれる蓬莱柿(ほうらいし)は約370年前に中国より伝わりました。主に関西以西で栽培されます。適度な甘みとほのかな酸味があり上品な味わいが特徴です。果実は丸みがありサイズは小ぶりな50~100g程度。8月下旬から収穫できます。

蓬莱柿の秘密

日本で古くから親しまれている昔ながらの品種。甘みが強く、酸味とのバランスも絶妙な独特の味わいが人気。特に山陽や四国・九州地方で好まれており、生食用の栽培もさかんです。

いちじくの知恵袋

原産地はアラビア南部、紀元前3000年頃には栽培されていたいちじく。食物繊維やカルシウムなどを豊富に含むことから不老長寿の果物とされ、日本でも400年近く前から食されていました。「1日に1個熟す」または「1ヶ月で熟す」ことから、「一熟(いちじく)」という名前がつけられたといわれます。

見分け方

大ぶりで皮がより鮮やかに赤く色づいたものを選びましょう。果実に適度な弾力があり、お尻が割れそうなものがよく熟して甘い証拠です。

蓬莱柿・とよみつひめの食べ方など

蓬莱柿(ほうらいし)とは

いちじくジャムで

お砂糖を少なめにして、いちじく本来の甘みをいかした、無添加無着色でルビー色の鮮やかな果肉感たっぷりの濃縮ジャムにしたり。

 

蓬莱柿(ほうらいし)とは

コンポートとして

完熟いちじくをまるごと使用して、コンポートとして。いちじくのかわいい形そのまま食べる。

 

蓬莱柿(ほうらいし)とは

いちじくコンフィチュール

フルーティーで果肉感たっぷり。長時間煮込まずにみずみずしさを保ち、独自の工夫で2層に仕上げる。

 

蓬莱柿(ほうらいし)とは

いちじくソース

いちじく本来の自然な甘みをいかした、優しい色合いの風味豊かなソース