いちじくを食べると体によい


いちじくを食べると体によいと聞いたことがあります。このことは昔から言われているようで、今となってはおいしい果物という認識ですが、昔では薬用として食べられていたほどです。ここでは主な効能を紹介し、その理由について説明したいと思います。

いちじくを食べると体によい
一般的にいちじくを食べると、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防・心筋梗塞予防、便秘改善などの効果があるといわれています。いちじくはカリウムを多く含んでいますが、カリウムというものは血圧を下げる働きがあるので、高血圧や動脈硬化などの予防に役に立つと考えられています。水溶性と不溶性の食物繊維を多く含んでいるから、便秘解消につながります。また、フィシンとよばれるタンパク質分解酵素を含んでいるので、食後などにいちじくを食べると消化を促進してくれます。葉や枝の切断部から出てくる白い液体にもタンパク質分解酵素が含まれているため、イボ取りなどの民間用法にも使用されるようです。

便秘などで胃腸が弱い方は、いちじくを食べて、すっきりしたおなかになるといいですね!